<   2005年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧

「きまぐれ南回帰線」 再掲

c0039999_18504867.jpg
内田新哉さんという方が、オーストラリア西南部のパース滞在中に描いたイラスト・短文集。

自転車で町中や郊外を走り回ったらしく、殆どのイラストに自転車が描かれる。
多分、ペン+水彩です。


c0039999_18513224.jpg




c0039999_23544052.jpg




c0039999_235457100.jpg




c0039999_23552167.jpg




c0039999_041254.jpg


写真が不鮮明で残念です。雰囲気だけでも味わってください。
河出書房新社 刊 です。  30ページほどの可愛い本です。



乱読状況 : 中川裕朗「ロートレックの処刑台」読み中
         斉藤 栄「悪の華殺人事件」読み中。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-31 19:16 | As I like it

モラヴィア「金曜日の別荘」 再掲 

c0039999_18365286.jpg
訳者によれば、本書は、アルベルト・モラヴィア最晩年の作品中の一冊という。
ご存じの通り、モラヴィアは22才で「無関心な人びと」を発表し、一躍イタリア文壇のスター
になった作家である。主要長編は以下の通りである。 潰えた野心 めざめ ローマの女
孤独な青年 軽蔑 二人の女 倦怠 関心 わたしとあいつ 深層生活 ローマへの旅
  etc  他に十冊余の短編集、紀行文集、戯曲、評論集がある。
表紙裏等の顔写真を見たことがある方は、お分かりのように、大きな恐い目をした爺さんで
マフィアのドンと言われれば、そうかと思うような容貌をしている。ローマ物語を読むと、とて
もこんな小説を書くような爺さんに見えない。

さて、本書であるが、三つの中篇と十三の短篇が収められており、それぞれの男女の関わり
が、彼らの愛と性が描かれている。そもそもモラヴィアの作品の根底に常に一貫してあるの
は、人間とは何か、生きることとはどういうことかを問おうとする視点だったという。 そして
モラヴィアの場合、その軸となったのは性であったと言えるだろう。モラヴィアの目には、性
の領域は、まだその究め方が不十分と映ったらしい。モラヴィア文学の根底には、常に性が
不動のものとして位置づけられる、と考えられている。

金曜日の別荘」ステファノとアリーナは30才前後の若い夫婦。海辺のリゾートに別荘を借り
           ている。妻のアリーナは、ここから30km離れた所の別荘にいる夫公認の
           愛人と、金曜から日曜を共に過ごす。月曜から木曜までは夫と過ごすの
           だ。ステファノはアリーナを愛しているが欲望は全然覚えない。
           或る日曜の夜、アリーナは体に傷を付けて帰ってきた。目はキラキラと輝
           き興奮しきっている。彼女と愛人に何が起きたのか?そして彼ら三人の間
           の関係は、どんな変化、進展を遂げるのか?

戸口の皿」18才のジャンマリーア(♂)は「ドラマ-悲劇」を書くために高原のホテルに滞在
        している。そこで彼は、実に妖艶な中年女性マグダと知り合う。彼女は彼が気に
        入り誘惑しようとする。そこにピエトロボンという大鼻のブス女が現れ、マグダの
        夫から雇われ彼女を監視しているという。そしてマグダは色情狂とでも言うべき
        女で、ホテルのフロアボーイ、ポーター、バーテンとも関係したといって警告す
        る。マグダの情事を報告された夫は、裏切られるほど妻を一層愛するという性
        情の男である。また大鼻女は、実はレスビアンでマグダを監視しながら彼女に
        欲情を覚えチャンスを狙っている。戸口の皿というのはルームサービスでとった
        料理の皿のこと。空になっていたり、そのままだったりしてドアの所に置いてあ
        る。何故、皿が空だったり、そのままだったりするのか?大鼻女は思いを遂げる
        のか?ジャンマリーアは誘惑に応じるのか?ホテルのボーイ達は?夫は?

高速道路で」雑誌にも顔写真が載る高名な建築家が高速道路入り口でヒッチハイカーを拾
         うが、その女は妊娠していて彼を個人的に知っているという・・・

考えよ!」アホな法令制定者が「自然災害発生時、公団は復興を考える」という条文を作っ
       たため、公団総裁は「考えて」国家からの基金を自分たちのためにだけ使ってい
       た。どこかの社会保険庁を想起させますね。  ところが・・・

やぶ睨みの女」やぶ睨みの女を秘書にした大成功者は・・・

あたしはこまで、名前はアリス

どんな蝶?」

天使が毎日真実を告げる」 愛人とのことを毎日告げる妻。

金のように重いヴィーナス」もう一年以上もアレをしていない夫婦。妻の着替えを見て、そ
そられた夫、愛の営みをしてしまうが、妻が、金のように重いヴィーナスだったことを知るが・・・
蜃気楼」 自家用セスナも持っている他の男を妻は・・・

キリンと妻」 キリンを妻と間違えて撃ってしまう・・・

扉窓は窓ではない」 扉窓から妻が他の男と・・・

不貞の妻との暮らし方

嘘か、まことか」 妻が言った。「私、あなたを裏切ったの、相手はマルコなの。」

チェス・プレイヤー」 チェスの指し方を思い浮かべながら妻のモイーラと、やりとりするが、
              最後に指し違え、妻は半白の髪の男と消えてしまった・・・

ラテイーナ・エクスプレス」    何故か、いずれも妻が愛人を作っている!

短篇の名手、モラヴィアらしい作品揃いである。



c0039999_20182676.jpgc0039999_20184870.jpgc0039999_20195810.jpg












c0039999_20351588.jpgmy書棚にあったモラヴィアの作品



  


  
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-30 20:28 | 乱読

「ブリジット・ジョーンズの日記 春夏篇」再掲

c0039999_19573668.jpgc0039999_19575890.jpg














本日読了                                昨年2月読了

シングルトンのための物語です。
本篇(右側写真)は多くの女子が読まれたことと思います。
今回は、 きれそうなわたしの12か月 春夏篇 というサブタイトルです。
この後、 秋冬篇 となりますが未読です。いつか巡り会うだろうと思っています。

ネタバレになるので詳述は避けたいと思いますが、一つだけ、ご紹介したい部分があります。

ブリジットが自分なりのチェック項目を記して自己採点するのですが、これが面白い。(本篇も)

例えば  Jan 27  体重 58.5キロ(完全な肥満モード)
              ボーイフレンド ひとり(ばんざーいー)
              激しい愛の交歓 3回(ばんざーいー)
              摂取カロリー 2100,激しい愛の交歓で消費したカロリー600、
                したがって、摂取カロリーは差し引き1500(模範的)

      Jan 28  体重 57.7キロ
              マークの前で吸った煙草 ゼロ(大変よろしい)
              内緒で吸った煙草 7本
              吸わなかった煙草 47本(大変よろしい)

      Jan 29  体重 58.5キロ(ぎゃあー、でも体の中にワイン袋が入っている
                せいだ、たぶん)
             煙草 1本(大変よろしい)
             ボーイフレンド ひとり(依然としてよくやっている)

       
      Jan 30   体重 58.5キロ(緊急事態。レースのショーツをはくと、肌に模様
                 の跡が残るようになった)
              かわいくてセクシーですべすべのショーツの試着数 17枚、
              おそろしく見苦しくて失禁症の患者用みたいな巨大ショーツの購入
               数 1枚
              ボーイフレンド ひとり(ただし、今後も関係が続くか否かは、新しく
                買ったおそろしげなショーツに気づかれるかどうかにかかっている)

      Mar 5   体重 57.7キロ(よろしい)、アルコール ゼロ(すばらしい)
              煙草 5本(喜ばしくも健康的な数字)
              車でマーク・ダーシーの家の前を通りかかった回数 2(大変よろし
                い) 


こんな調子で続きます。恰度、映画も封切られたし、併せてお楽しみ下さい。



乱読状況 : モラヴィア「金曜日の別荘」読み始める。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-29 20:52 | 乱読

滝田ゆう「寺島町奇譚」再掲

c0039999_18505948.jpg
漫画ですが、ちくま文庫で、650ページ、厚さ3cm、 ¥1,120 です。

 東京・墨田区向島生まれの滝田ゆう、の分身ともいうべき、キヨシ君が主人公。
多分、小学校4年生か5年生ぐらい。父方の祖母、両親、姉の五人家族。+猫。
朝は、家族のひとりずつに丁寧に挨拶させられている。本の表紙がそれ。↑正座し、両手を
ちゃんとついて、頭を下げている。昭和18,9年頃だと思われる。
勉強嫌いで、しょっちゅう親に怒られているが、ベーゴマやめんこ遊びの方が楽しいにきまっている。でも、店を開ける(家族でドンというスタンド呑み屋をやっている)準備をしたり、お使い
に行ったりもする。
 ところで、寺島町というのは、現在は東向島、かの玉の井である。色町である。
銘酒屋と言って、女子が春をひさぐ店がラビリンスのような狭い地域に密集する町。
「ぬけられます」とか「ちかみち」などという看板が、あちこちにかかっている。
そんな所で暮らすのは、教育上、良くないにきまっているのだろうが、キヨシ君、意外に
純情である。尤も、毎日色町に暮らしているし、家業が瓢客相手の商売だから、それなり
にマセてはいるが、まだまだウブ。
 
 滝田ゆう独特の画風で往時の玉の井を体験できそうな気がする。
永井荷風「墨東奇譚」の世界。
「原色の街」「驟雨」の吉行淳之介!が解説を書く
c0039999_19292692.jpg

c0039999_1930263.jpg

c0039999_19304642.jpg

c0039999_19312445.jpg

c0039999_19321198.jpg

[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-28 19:47 | 乱読

ignis でデイナー

c0039999_1203983.jpg
3月26日(土) 幕プリ 49F ignis  で デイナー。 何故か レデイース・セット


c0039999_1211141.jpg赤ピーマンのゼリー












c0039999_1214834.jpgフォアグラのパイ焼き












c0039999_1221577.jpgきのこムース












c0039999_1224171.jpg蟹のロールキャベツ












c0039999_1234868.jpgビーフシチュー


撮影前に手をつけてしまい、すこし汚れました。ミアーネ








c0039999_12484.jpgデザート











美味しいパンも4種類あり、満腹、満足しました♪♪ ペブロヨ、マンジョッケヨ!


乱読状況 : 滝田ゆう 「寺島町奇譚」 読?了。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-27 12:22 | gourmand

田辺聖子「姥ざかり」読了

c0039999_1131575.jpg
76才、歌子さんの痛快な毎日。
西宮の大きな家を長男にあげ、自分は東神戸の新しいマンションに住む、歌子おばあちゃん
の、快適な、気随気ままな、たのしい生活。そうそう、おばあちゃんと呼ぶと怒られる。
 歌子さんの独白によれば、「天満の小商人」の家から船場の大店に嫁してきた歌子さん、
船場出身でないことで、散々姑に意地悪(いけず)されるが、終戦で世の中がガタガタになってしまうと、舅はフヌケになり、姑はドッと老け込み、亭主はアカンタレでものの役に立たない。船場の古いしきたりなど屁とも思わない歌子さんが番頭とともにガッツで頑張り、同業者が没落していく中、暖簾を守り抜き、ビルまで建てる。会社組織になった商売を長男に譲り、「ツツ一杯生きてきたんやから、あとは好きなように生きて何が悪いねん」と宣う。 
 歌子さんの朝食は、紅茶にトースト、目玉焼き、グレープフルーツ。トーストにはバターか
マーマレード、ジャムをつける。ジャムは浅間のグーズベリー、マーマレードは英国製のもの。
イギリス風のがっちりした椅子に坐り、海を眺めながら、ゆっくり食べる。
週に一度家政婦が来るが、毎日の小さい家事は自分でやる。TVを見たり、油絵を描いたり
習字を教えたり、英会話クラスに通ったり(教室では、ジェーンと呼ばれる)、フラ語塾へも。
(富良野塾に非ず)   結構忙しい毎日を送っている。

 田辺聖子の小説は、会話は勿論、地の文にも大阪弁が混じり、そのニュアンスが分かる人
にはとても楽しい。 以下、歌子語録を紹介しよう。

 1/4ボケ老人とのからみで。  世の中から取り残されたような連中とつきあっていると、時間のムダが多い。しかしまた、全くつきあいを絶つというのも淋しい。(姥ざかり)

 新興宗教に勧誘されて。私は、自分自信が教祖のようなものだと思っているから、あほら
しくて何を信ずる気もおこらない。 (姥ざかり)

 亡夫の法事のからみで。お花は、四季の花を玄関や床に飾れるから、習っているが、お茶
なんか、しんきくさい。ワビ、サビと言われても、カビの親類ぐらいの気がする。(姥ざかり)

 西宮の家でヒューズの交換も出来ない長男の嫁と。カメラにフィルムも入れられなくて、よく
も子供が生めたものだ。(姥ざかり)

 まだしも人間は、人のワルクチをいっているときの方が、聞く身としてはおもしろい。その人
間の度合いが、ワルクチをいうときに露呈するからである。(爺捨ての月)

 七十六までツツ一杯に生きて、自分より偉い人間があると思えるかッ!年を取れば自分で
自分を敬わなければいけない。(爺捨ての月)

 安ポリ(若いお巡り)に、おばあちゃんを連発されて。鹿皮で爪を磨いて、ラベンダーの絹の
部屋着を着て、海の見えるマンションで紅茶を飲もうという私を、安婆さん扱いしないでもらい
たい。。(爺捨ての月)

 何をどぬかす安ポリめ。婆さんなら貞操はないと思ってるのとちがいますか。(爺捨ての月)

 もうこの年になれば怖いもんなし、で、いやなことはしないのだ。仏壇のお守りもいや、法事
もいや、ワビ、サビ、お茶、日本趣味もいや、老人ッぽい色彩・風体もいや、老人のつきあいも
いや、なのだ。(姥日和)

 血のつながらぬ義理の縁者というものは、血縁の者より始末に困る。粗略にすると怒るし
親密にするほどの情味もわかない・・・。(姥日和)

 どうして、こんなに老人は私を死ぬほど退屈させるのであろう。(姥日和)

 女や婆さんなんてのは、決してホカの同性を讃めないし・・・(姥日和)

 コソ泥に入った大学生の泰クンと友達になる。親類のおしゃべり婆が来ると逃げ出す私が
泰クンが来ると、紫のコートに紫のスカーフなんか結んで小春日和の町へ繰り出すのである

 ハワイ旅行。ほんとうに年を取ると、円満具足どころか、腹立つことが多くなるものだ。
マトモな神経と教養、厚みのある人生キャリアを持った年寄りは、何かにつけてカッかとくる
ことが多いのだ。(姥嵐)

 旅に来たのか、亭主の世話に来たのか、あわれなものである。それにしても日本の男は、
つねに女に世話され、面倒を見てもらうのを保証されているのはなぜか。(姥嵐)
  
 私は、わが亭主、亡夫慶太郎の無能凡庸に懲り、息子らの不出来にあきらめているから
どうしても、男が女よりエライとみとめたくないのだ。(姥嵐)

 やれやれ、よかった、ヤモメの楽しさ、うるさいバカ爺の世話で先短い人生を浪費するより、
なんという幸せであろう。よくぞヤモメになりにける、という所。(姥嵐)

 トシヨリ、老人、老婆、老醜、老残、老獪、老衰、おいぼれ、そういうコトバをやたら発する
ことはつつしんでもらいたい。いまはやりの熟年というコトバを使ってもらう。(姥野球)

 阪神には「負け」がよく似合う。(姥野球)

 元・店の事務員で処女の西条サナエ)私なんか、六十はまだ現役で働いていた。
六十は老人の中に入らない。女の美しい盛りである。(姥処女)

 気概のない人間は、自分が人を招ぶより、人に招ばれたがるのであるらしい。(姥処女)

 いちばん若いボーイフレンドの大学生の泰クンは「歌子おばさんは、お袋より面白い」と
ほめてくれるのである。(姥処女)

 長生きなんて、元々楽しくないものだ。古馴染みの死んでいくのを見るのが長生きということだ。(姥処女)

 戦後、戦災で何もかもなくなったところから、「何くそ」と力を出してがんばったのも、「船場
のしきたり」に反発して、しきたりと反対のことばっかりやったのが成功の原因だったと私は
思っている。昔ながらの商法では落伍していったにちがいない。(姥ごよみ)

 この後、姥あきれ、姥スター と続く。

長い引用、お退屈さんでおました



乱読状況 : 滝田ゆう 「寺島町奇譚」読み?始める。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-26 13:44 | 乱読

宮尾登美子「菊亭八百善の人びと」 再掲

c0039999_928936.jpg
江戸時代から連綿と続く、超高級料亭「菊亭八百善」の話です。
元禄のころ、山谷で野菜、乾物を商っていた八百屋善太郎が始祖だそうです。ほどなく食い物屋を始め、最盛期には、将軍がおなりになるような高級料亭に進化を遂げたといいます。
江戸の文人墨客、たとえば酒井抱一、太田蜀山人、谷文兆などが、ここを根城に群れ集い
また有名な大名達、たとえば松江の松平不昧公らもよく訪れ、一種のサロンを作っていた
ことが窺われます。山谷の八百善は、7,8千坪もあり、敷地の中には霞が棚引いていた!
金に糸目を付けぬ人達が集まるサロン八百善は、高級料理もさることながら、それを味わう
建物、内装、道具、食器、飾り物も当然立派なものでなければならなかった訳で、流石の大名達も垂涎する逸品揃いだったと言います。それらが代々受け継がれて来ています。
 さて、本書は昭和23年、主人公の汀子が八百善・杉山家の次男と結婚するところから始ま
ります。戦争で焼け出されるまでは築地で店をやっていたのですが、今は八代目夫婦一家は大森あたりで居食し息子達は勤め人です。彼女が嫁入りした大森の杉山家は、こういう家族構成です。八代目夫婦、長男夫婦、小姑二人、それに次男・汀子夫婦と使用人達です。
たかが食い物屋とはいえ名家に嫁いだ汀子が、環境の違いにとまどいながらも生活を続け
子供も二人生まれます。そして昭和27年、山王の地に八百善が再開されます。築地までは
一水亭だったのが、ここからは菊亭と称するようになります。
 八代目は店を作ったあとは次男・汀子夫婦に経営をすべて任せてしまい、ここから汀子の
本当の苦労が始まります。菊亭八百善の人びとは、どんな動きをするのでしょうか?
 ノーテンキな夫への不信、古参従業員の不審な行動、汀子の腐心、そして商売の不振・・・
さあ、汀子さん 大変です!

 文庫本で600ページの大部ですが、こなれた文章で色々な事件、事柄、人物を描いていくので、あれよあれよと読めてしまいました。ネタバレを懼れて、これくらいに止めますが、現在
の菊亭八百善は? 銀座で健在だそうです。汀子夫婦の長男がやってます。10代目ですね。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-25 10:17 | 乱読

優しい時間

何故かン十年前からウチに棲息している女子と二人

「優しい時間」最終回を観ました。

そして、二人で涙を流しました。

二人の間に、優しい時間が在りました。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-24 23:11 | As I like it

森川哲郎「日本快盗伝」 読了

ハリー・ポッター6冊目が、アチラで出版されましたよ

英語タイトルが”Harry Potter and Half-blood Prince”
「ハリー・ポッターと半ケツの王子」じゃなくて「混血の王子」です。www
年内に邦訳が出るかどうか、というところでしょう。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

怪盗」じゃなくて「快盗」であることにご注目ください。著者は、刑罰史、疑獄史、暗殺史などに詳しい人である。小生の書棚には「幕末暗殺史」「明治暗殺史」「現代暗殺史」がある。  いずれも三一書房刊。三一書房というのは反体制的な出版物が多い。
 怪盗というのは、所謂体制側からの見方であり、快盗というのは、反権力側、庶民側からの
見方だというのが著者のスタンスであると思われる。

 各時代の代表的な快盗を紹介している。

1平安時代~ 
        藤原純友  東国の平将門、西国の純友と並び称せられる人物。
                 体制側だったが、事情あって反体制側となる。四国瀬戸内を根
                 城に一時は天下を取る勢いを示した海賊。
                 日本史で習ったでしょう?
                 数千の部下を擁して淀川を遡り京の都のすぐ手前まで攻め上っ
                 た。 ただの盗賊でも海賊でもなく、まさに京の中央政府の土台
                 をゆさぶり動かした反逆者であり、空前絶後の大海賊であった。

         袴垂保輔  本名は藤原でレッキとした公家だった。
                 反権力の抵抗者であり、暗殺者でもあったが、権力者を襲うと
                 ともに強奪を働いたので政府から盗賊に仕立てられた。
                 不正を欲しいままにし腐敗した、横暴をきわめる中央権力に対
                 して反逆し、神出鬼没の働きで権力を翻弄した男。

         酒顛童子  大江山の鬼退治伝説で有名。酒呑童子ともいう。
                 朝廷に反抗する連中が大江山に集まって一大盗賊集団を結成。 
                 酒顛童子はその首魁だが、坂田金(公時、渡辺綱ら四天王を従
                 えた有名な源頼光に撃たれる。

         熊坂長範  美濃から近江にかけて出没した大盗賊。牛若丸とも戦ったと
                 いう。弘法大師に改心させられる。


         武藏坊弁慶 当時の刀は武士の表道具ではなく、格式を表す装飾品だった。
                  きわめて高価だったらしい。それを弁慶は千本getしようとし
                  た。五条大橋での牛若との出会いである。
                  不思議なことに源平合戦に弁慶が全く出演しない。何故?

        海賊八幡船  和冦である。文永、弘安の蒙古襲来に対するリベンジだという。

        戦国時代のスッハ達
                  忍法の発生は、泥棒の技術の研究工夫から始まっている。
                  忍者の先祖は泥棒であり組織された連中をスッハ、ランハ
                  素破、乱破(ラッパとも)と呼んだ。
                  服部半蔵もこの類であった。
                  相模・足柄山で頑張った風摩小太郎達もスッハ、ランハ集団
                  で野盗のゲリラ組織だった。配下を2千人かかえたという。
                  蜂須賀小六もスッハあがりで国持大名に出世した。ドロボー
                  も大名になれば旧悪を問われない。  

        石川五右衛門  盗賊ではなく関白秀次の臣という説がある。では何故盗賊
                   に仕立てられ釜ゆでという残虐な刑を受けたか?
                   秀次の股肱の臣の一人に伊丹万作がいる。時々TVの脇役
                   で見かけるオジサン俳優・伊丹万作はこれから取ったんだ
                   ね。こんなことを知るのも乱読の効用の一つ。
                   なお、大阪府石川村の生まれで、伊賀(三重県)名張市
                   忍術を習ったともいう。百地三太夫とのからみも。 

江戸時代  三甚内  幸坂甚内  宮本武蔵の弟子だったという。箱根あたりで頑張る。
              鳶沢甚内  闇の帝王と言われた。古着の専売権をget。
              庄司甚内  小田原北条氏家臣のち盗賊。「吉原」の創始者。

                     いずれも幕府を手こずらした。

     草臥れて来たので、後は名前だけあげる。

         義賊木鼠小僧
         雲霧仁左衛門
         日本左衛門  本名浜島庄兵衛 別名尾張屋十右衛門  日本駄衛門とも
         稲葉小僧新助
         田舎小僧  権勢並びない田沼意次や大名屋敷を狙い、江戸庶民の喝采
                 を得る。反骨精神の強い盗賊。時代の背景に腐敗した汚職政治
                 があり、反面庶民は窮乏に泣いていた。
         侠盗鼠小僧次郎吉  大名屋敷専門。百数十軒という。町家は皆無。
         侠盗 国定忠治  農民救済の英雄?
         幕末御用盗  芹沢鴨も?

明治時代
        ピストル強盗 清水定吉
        景山英子  和製ジャンヌ・ダルク
        稲妻強盗
        二代目鼠小僧
        
大正時代
        怪盗ピス健
        ギロチン社   大正の無政府主義者達 革命資金は資本家より強奪せよ。

昭和時代  説教強盗  怪盗学校の教授?泥棒学の権威。
        銀座天賞堂から大金塊を盗んだ者
        暁の怪盗
        三億円事件
        
  (息切れがおさまったらrevする予定です)  
 
c0039999_071795.jpg


乱読状況 : 「ブリジット・ジョーンズの日記 春夏篇」 読み中。
         宮尾登美子「菊亭八百善の人びと」 読み始め。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-24 00:08 | 乱読

神野淳一「ルーン・ブレーダー!3」読了

c0039999_18133288.jpg

 前にもご紹介しましたが、小生の若い友人、神野淳一さんの5作目が出ました。
この表紙を一瞥して、殆どの大人はヒクと思います。あるいは、シカト
彼を知らなければ、多分小生もそうだったでしょう。
お付き合いで、第1作から読んでますが、マルグリット・デユラス以上に苦痛でした。
こんな業界用語?がバンバン出て来るんですから↓
駆動鎧(パワーメイル)、魔導騎士、魔導機関(マジカルエンジン)、魔晶石、
空中戦闘艦、ホムンクルス(人造人間)、魔剣(ルーンブレード)、
魔神鎧(デモンメイル)、飛翔騎兵(ウイングトルーバー)・・・・・・・


 話変わって、小生のブロ友に f-as-hearts さんという方がおられます。
今、ファンタジーの連載をお始めになりました。とてもファンタジーなお話でwww、毎日楽しみにしているんですが、こちらは、ほのぼのとしたロマンを志向されているように思われます。
そして成功されてるんですが、一方神野さんのは、科学的知識と想像力を駆使した、文字通りのS.F.ファンタジーかなと感じています。
 別の、口の悪い友人が、「品性を疑われるから神野さんなんか紹介するな」と言うんですが
結構楽しく読めたので、敢えてご紹介する次第です。冒険心の残っている大人向けです。

尚、f-as-heartsさんですが、小生のリンク先  だけど、いい人・・・  から一度覗いてみて下さい。特に、ヤングママにおススメです。


乱読状況 : 「ブリジット・ジョーンズの日記 春夏篇」、森川哲郎「日本快盗伝」読み中。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-22 18:58 | 乱読