カテゴリ:ハングル( 5 )

チョンボ #2

c0039999_1812464.jpg
c0039999_1813817.jpg

5月号が出ました。

「人捜し」は、極く一部で、ほんとうに盛り沢山なチョンボ(情報)が満載です。

滞日韓国人は、端から端まで熟読しているようです。




乱読状況 : 京極夏彦「塗仏の宴 宴の始末」 乱読中

More
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-05-05 18:23 | ハングル

ソン・ヒョスン「ソウルへの道」 再掲

 例によって「あとがき」によれば、本書、宋孝順(ソン・ヒョスン)著「ソウルへの道」は、韓国で1982年、刊行されたが、まもなく発禁処分にされた。世に出たうち何冊かが日本に持ち込まれ、本書の原本となったという。 
 サブタイトルは、-韓国女子労働者の現場手記-となっている。
実は、大分前にgetしてあったのだが、何か辛気くさそうなので積んで置いたところ、先日、
「隣の国の女たち」で取り上げられていたので、手に取った次第。

 読み出すと、成る程、辛気くさい。きょうの夕方、「おしん」がアフガンのTVに登場した、というニュースを見たけれど、おしんなんかメじゃないほど悲惨な暮らしぶりである。著者は全羅北道の一寒村に生まれたが、生家は村一番の貧乏。中学にも行かれなくて奉公に出される。最初は中国人経営の雑貨卸商。我慢出来ずに他に移る。沐浴場(銭湯)などいくつかの職場とも言えない職場を経て、ソウルの××化学に女工として就職する。(この会社が、どうもロンパスの韓国法人くさい。)就職出来たはいいけれど、ひどい扱いを受け、そのひどさが綿々と綴られる。そのルポルタージュが本書の根幹となっている。
 1960年代中盤以降、朴政権が強権の下に推進してきた、外国資本導入による、所謂高度成長政策、輸出依存政策の歪みが、労働者、農民に集中された。労働者の権利などあってなきがごとし。特に女子など牛馬の扱いである。一日工場で働いた給金が冷麺一杯分というのだから。まさに労働者の搾取である。日々の様子が詳しく語られる。
 そんな著者が、産業宣教会という教会を知り、キリスト者として、労働者として目覚め、活動を始めるのだが、会社側の弾圧は凄まじいものがあり、これでもか、これでもかと執拗に著者や仲間を圧迫する。「ここまでやるか」というほど、ありとあらゆるやり方で彼女達を潰しにかかる有様が、生々しく描かれる。
 結局、彼女達は敗れ解雇されるに至るのだが、日本の「女工哀史」とは全く異なる世界なのが読みとられる。このトンデモナイ悲惨、想像を絶する困苦の中にも失われない明るさはどこから来るのか? 抑圧者への、あくまでしなやかで、あくまで天を指す強さは、どこから生まれるのか?

 今は、韓国も調子が悪いようだが、漢江の奇跡、を達成した裏には、こういう人達が居たのだ。
c0039999_20285541.jpg

乱読状況 : 神野淳一「ルーン・ブレーダー!3」車中にて読み始める。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-13 20:34 | ハングル

「隣の国の女たち」 川村亜子・著 再掲

c0039999_16521593.jpg サブタイトルが「現代韓国庶民事情」というこの本は、川村亜子さん著、三交社・刊
 多分、男便の仕事の関係で韓国は釜山に移住した川村さんが、庶民の街に住んで4年、「釜山が、単に韓国の街・釜山ではなく、わが街(ウリトンネ)釜山に変わって行」くまでの、生活・体験を通して、韓国の庶民事情を語ります。ただ、17,8年前の本なので今とは大分事情が変わっているかもしれません。

 1970年代に大ヒットした映画「英子の全盛時代」の話から、韓国語には日本語の「おんな」に相当する言葉がないことに思い当たり、♀についての考察に入る。

 りが大好きな韓国人の国民性。

 姦通罪  主婦→キャバレー通い→つばめ族→姦通→恐喝 という定食コースのようなコワ
~イ話。

 韓国の一家には、三つの姓が混在する理由。

 その他、キムチの話、春香伝、鳥占い、論介、民防衛、女子大生と結婚、案内嬢、海女、巫堂、マネービル etc 庶民についての盛り沢山な内容です。

 「ある韓国女性の身世打鈴」も実際の聞き書きらしく興味深く読めます。
 「新・日本人妻事情」新しい世代の日本の花嫁達が韓国で、どんな風に暮らしているか?

川村さんは主婦のかたわら、東亜大学や学院(ハゴン)で日本語を教えていたようです。
そこの学生・生徒達との交流や近所のアジュマドウルとのつきあいを通じて、韓国の庶民
と深いつながりができて彼女は韓国大好き人間になっていきます。

(この本で、前にgetしてあった「ソウルへの道(ソウロカヌンギル)」がベストセラーになっていたことを知る。近々読みます。)


乱読状況:朝吹登水子「私の軽井沢物語」 読み始める
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-09 17:35 | ハングル

チョンボ  再掲

c0039999_2023421.jpg チョンボといえば、普通の人は、あのチョンボかと思うでしょうね。
 アニ、アニ 違います。 これでも 乱読ハンぐるまん を自称する男です。

そうです。チョンボとは、「情報」 のことです。
ついでに、「報知」のことは、○○ですが、これは公開をはばかるので、どうしても、という方には、非公開コメントで、そっと、お教えします。

写真のものは、或る商店街の、韓国食材屋さんでgetしたもの。getと言っても、「ご自由にお持ち下さい」というヤツ。

 日本に来て、働いていらっしゃる方々のための情報誌だと思います。(それも主としてオミズの)

いやあ色んな情報満載ですが、小生が、毎号楽しみ?にしているのが、人捜し欄です。いかにもワルソウナ女子が捜されています。 多分、借金を踏み倒したか、バンス(アドバンス 前渡金)を貰って数日勤めてトンズラか、でしょうね。写真、本名付きなので、狭い世界だし、結構見つかるみたいです。
c0039999_20233737.jpg不思議なことに、男子は一度も載ったことがないのです。
いや、考えるまでもなく、オミズの世界はヨジャが主だから、不思議でもなんでもないか。

それはそれとして、外国で稼ぐということは、チンチャ大変なことです。彼女達は、健気にタプに頑張っているようですが、ついつい彼女たちに同情してしまうイルボン・ナムジャ・ドウルがいます。小生の周辺にも、彼女達に同情しすぎて、己(オノレ)が同情される境遇に陥った選手もいます。

心優しいナムジャの皆さん、同情もホドホドに。





乱読状況: カルロ・カッソーラ「恐れと悲しみ」 読み中。
        森 瑤子「六本木エレジー」もうすぐ読了。 3月2日 読了。
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-01 21:02 | ハングル

インジンスック ファン   Rev.05.2.18

c0039999_1224797.jpg


インジンスックというのは、蓬(ヨモギ)ですね。その丸薬なのでインジンスック ファン()と言うようです。正露 のですね。写真の箱の下部に黒い粒々が見えるでしょう?恰度、正露丸の1/3ほどの黒い粒です。韓方薬です。hanyaku1さんもblogで仰有っているように、漢方薬でなく方薬です。
先年、胆石(タムソック)を患いました。油物が大好きで、その甲斐あって、ユニクロでもXLしか着られないとは、以前の記事に書きました。有楽町のあるレストランのローストビーフが、あまりに美味しくて、3回もお代わりをして、関係者の顰蹙を買うと同時に病状を悪化させたことも書きました。そして夜中の救急車の出動数回を経て遂に入院、胆嚢摘出術を受けたのです。ある病気になると該病気について医師より詳しくなるということを聞きますが、これは或る程度事実です。
抑も、オホン! 胆汁というものがあって、これが油を吸収しやすくする働きをするのですが、胆汁というからには胆嚢で作られると思うでしょう?ところが、さにあらず肝臓で作られるのであります。肝臓で作られた胆汁が胆嚢にデポされ、油物が来ると、それをアタックする、という仕組みなのであります。
で、小生は胆嚢を取られてしまったので、肝臓がその代わりをしている-製造も販売もやっている訳であります。当然、胆嚢を保持している人に比べ、肝臓の負担は多くなるのです。小生は気狂い水は飲(や)りませんが疲れやすいのは肝臓に苦労が多い(コセギマーニイッソ)からなんです。

前置きが長くなりました。
このインジンスックが肝臓に効くのです!
ハングサラムのチング(韓国人の友人)から貰って一年以上服用しています。新薬と異なり即効性はありませんが、漢(韓)方薬ですからジワジワと効いているようです。疲れ難い体質になりつつあるようです。

ところが(ハジマン)、在庫が残り少なくなった上、チングが帰国してしまい購入ルートがなくなってしまいました。
NAVER ENJOYKOREAとかGoKreaとかK-Plaza等日韓サイトの掲示板に出したりしたのですが反応がなく、少し困っています。 江原道(カンウオンド)の発売元に便紙(ピョンジ=手紙)でも書こうかと思っている昨今であります。
便で思い出しましたが、 男便(ナムピョン) って何か分かりますか?男子便所の略ではありません。男のラブレターでもありません。正解の方、約一名様を高級韓国クラブにソデ(招待)ハルケヨ!(但し、関係者、有識者及びプロの方の、ご応募はご遠慮下さい。)


韓方薬に興味のおありになる方は 次のURLをどうぞ。 Rev.05.2.18
http://hanyaku.exblog.jp
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-02-11 13:07 | ハングル