船戸与一「虹の谷の五月」再掲

c0039999_17573138.jpg

またもや船戸与一にしてやられた。つまり船戸与一のヒリ出した物語の虜になってしまったということ。
今度の舞台はフィリッピンのセブ島。その山奥の田舎に住むジャピーノ(日比混血)という少年の13才から15才までの尋常でない体験の物語だ。

混血ということで思い出した。

ハリー・ポッター6冊目が、アチラで出版されましたよ

英語タイトルが”Harry Potter and Half-blood Prince”
「ハリー・ポッターと半ケツの王子」じゃなくて「混血の王子」です。www
年内に邦訳が出るかどうか、というところでしょう。

で、本書に戻って
第1部  ジャピーノ 13才  1998年5月  フィリピン・セブ島
第2部  ジャピーノ 14才  1999年5月  フィリピン・セブ島
第3部  ジャピーノ 15才  2000年5月  フィリピン・セブ島  の3部になっている。

第1部 ジャピーノというのは、「あいの子」みたいに多少侮蔑・差別的な一般名詞で本当
     の名前は、トシオ・マナハン。母親がマニラに住んでいた時、トシオ・オオニシと
     いう日本人に妊らされ捨てられる。それでも相手の日本人が忘れられなくて
     トシオと名付ける。生活のため、いかがわしい商売に走るが、エイズで死んで
     しまう。トシオは母親の生まれ故郷のガルソボンガという田舎の村に住む祖父
     に育てられる。
     13才になったトシオは時々、虹の谷へ煙草やらラム酒を届けに行く。届け先は
     ホセという元・新人民軍将校。虹の谷というトシオしか行き方を知らない山奥に
     立て籠もり独り反政府ゲリラ活動を戦っている。
     ある日、クイーンと呼ばれる女が日本から帰って来た。高名な、かなり年上の
     日本人画家と結婚して金持ちになった女だ。本名はシルビアだが、村人たちに
     大盤振舞いをして、クイーンと呼ばせている。
     このクイーンがトシオに虹の谷への道案内を頼む。新人民軍崩れの4人の男達
     も同行するという。彼女が虹の谷へ行きたがる理由は?4人の男達は何故銃を
     持っているのか?4人の中に、以前ホセにより新人民軍を追放された男が一人
     居るのは何故か?



第2部 ガルソボンガ地区の長を決める不正だらけの選挙が行われバルガスというクズ
     が選ばれるが、この男がバヤボという得体の知れない冷酷そうな男を連れてきた。
     実は、この男、国家警察軍セブ島本部特殊部隊の中尉で、反政府運動の英雄
     ホセを殺りに来た手練れの狙撃者なのだ。
     一方、政府軍によって殆ど全滅させられたこの地区の新人民軍から命からがら
     脱出できた若者3人がホセを慕って、トシオに虹の谷への道案内を頼む。
     彼らを尾行して虹の谷に来たバヤボとホセ達との間で凄まじい殺し合いが始まる。

第3部 近くの町バリリで無償の医療を行っている日本人医師ドクトル・ナカノが誘拐された。
     彼は現地人と結婚し子供も生まれ、貧しい人達から感謝され慕われている。
     誘拐したのは、第1部でクイーンに同行し生き残った1人を含む3人の男達だ。
     この3人はジャピーノの村で神父とそのお稚児さん!を惨殺している。何故彼らは
     殺されねばならなかったのか?
     誘拐されたドクトル・ナカノの命は大丈夫なのか?
     トシオは爺ちゃんと相談し、ホセに助けを求めることにした。爺ちゃんがホセに宛てて
     書いた手紙を持って虹の谷へ出かけるが、この手紙にホセの出生の秘密が隠されて
     いた。
     犯人達とホセ達との戦いが始まる。
     果たしてドクトルを無事救出することができるのか?
     この誘拐には、バリリの町の腐りきった警察署長!がからんでいて、さらにその奥
     には、すごい黒幕がいるらしい。それは誰か?
     元・抗日人民軍の一員だった爺ちゃんの謎の行動は?

かなりの大部だが、息をつかせぬ面白さがグイグイ引っ張っていき、意外な結末に至る。

極上のエンターテインメントなり。 読むべし。

小生の書棚には船戸与一が20冊ばかりあるが、一部を写真紹介する。
c0039999_19172010.jpgc0039999_19174386.jpgc0039999_1918580.jpg
 
[PR]
by tsc-edotyuu | 2005-03-21 19:27 | 乱読
<< 神野淳一「ルーン・ブレーダー!... マルグリット・デユラス「青い眼... >>